陣馬一ノ尾四季便り

ichinoo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

大晦日

強風に磨かれた青い空を背景に、2009年
e0119943_21435659.jpg
最後の太陽が沈んで行きました。
[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-31 21:44 | Comments(2)
2009年 12月 30日

ヤマオヤジ

ヤマオヤジにできた洞は動物たちの冬の住処になります。以前テンが住んでいるのを見つけたことがあります。今頃は冬毛に代わって真っ白になっているでしょう。
e0119943_18395881.jpg

[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-30 18:40 | Comments(0)
2009年 12月 29日

森の落とし物

落ち葉のお皿に盛りつけられた”森の落とし物”を見つけました。兎
e0119943_2110065.jpg
かと思いましたが量や色から見て鹿ではないかと言う人もいます。
[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-29 21:10 | Comments(0)
2009年 12月 28日

ユズ

栃谷地区の一部で作られている巨大柚子です。野猿が中身だけ食べて皮を散らかしていました。
e0119943_22143884.jpg

[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-28 22:14 | Comments(0)
2009年 12月 27日

オキナグサ

「オキナグサにもシモバシラができるよ」と聞いたので覗いてみたら、在りました。枯れ残った葉茎の下に確かに氷の薄膜が巻きついています。
e0119943_21254867.jpg

[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-27 21:25 | Comments(0)
2009年 12月 26日

林床

太陽の光を受け光合成で有機物を作り出し幹を太らせ、秋には落ち葉として林床を敷き詰め水と菌類と太陽熱で分解して再び養分として取り込む。雑木林はみごとなエコサイクルが完成しています。
e0119943_22205638.jpg

[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-26 22:21 | Comments(0)
2009年 12月 25日

シモバシラ

氷の造形は夜毎形成され日の出とともに消えて行きます。そして毎日シモバシラの形は茎の裂け目が多くなるにつれ
e0119943_2391515.jpg
複雑に変化してきます。
[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-25 23:09 | Comments(0)
2009年 12月 24日

日没

栃谷から見た日没です。富士山の上空に発生した雲が西に流れ、
e0119943_21361073.jpg
夕日に照らされ輝いていました。
[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-24 21:36 | Comments(0)
2009年 12月 23日

やまおやじ

里山の木は十数年ごとに切り倒され椎茸の原木や木炭の材料になりました。切り株から新芽が出てまた十数年。切り株だけが大きくなったのが”やまおやじ”と呼ぶようです。やがて中心部が枯れて空洞ができ山の動物たちの住処となります。この”やまおやじ”50年も伐採されていないため子が大きくなりすぎたようです。
e0119943_21463192.jpg

[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-23 21:46 | Comments(0)
2009年 12月 22日

富士山

一の尾尾根から見える富士山、雪煙りが立っています。
e0119943_20235681.jpg
この間も二人の命を飲み込みました。
[PR]

by jinbaichinoo | 2009-12-22 20:24 | Comments(0)